2015年1月8日木曜日

赤松則房++++ 阿波一万石(置塩領)

私は、以前から、豊臣政権期の讃岐生駒藩に於ける太閤与力(後の付き家老)の存在に関心を抱いてきた。ある時、隣国、阿波蜂須賀藩に於いても、太閤与力が存在していた事実を知った。その史料の収集過程で、阿波では、蜂須賀氏、そして、太閤与力の諸氏以外にも、一万石を領する大名がいたことが分かった。驚きだった。その大名とは、播磨守護職、赤松氏の末裔である赤松則房公であった。この人は、関ヶ原の合戦で西軍に就き改易されるまで、阿波板東郡内の二十三箇村で、併せて一万石を領知した。その版図は、赤松氏の播磨時代の居城の名に因み、置塩領と呼ばれた。居城は住吉城。
関ヶ原の後、赤松氏は改易処分を受け、その遺領は、賀島主水(細山帯刀)が継いだ。この細山帯刀については、赤松氏の養嗣子になっていたという記録もある。赤松氏配絶後、彼は蜂須賀家中に復帰、蜂須賀藩二番家老の格式を誇る一万石の家の初代当主となった
赤松氏の所領は、全て板東郡の内にあり、詳細は、以下の通りである。
合掌。


中富++++++++++504石4斗0升3合9勺

本村++++++++++119石5斗1升4合0勺


鳴瀬++++++++++196石3斗5升3合0勺


乙瀬++++++++++294石1斗1升3合0勺


矢上++++++++++454石3斗5升0合1勺


大寺++++++++++908石5斗2升4合0勺


辻村++++++++++156石3斗3升8合5勺


松村++++++++++426石5斗4升3合0勺


北村++++++++++615石6斗8升2合0勺


奥野+++++++++1123石4斗3升9合0勺


住吉++++++++++395石5斗6升0合0勺


高房++++++++++450石3斗1升9合5勺


板東村++++++++841石2斗9升4合0勺


萩原++++++++++420石7斗0升6合8勺


高畠++++++++++379石5斗3升2合0勺


西馬詰++++++++256石7斗3升9合0勺


姫田++++++++++706石1斗6升4合8勺


大代++++++++++293石3斗7升4合7勺


宮島+++++++++++24石1斗4升6合0勺

宮島塩方+++++++80石0斗0升0合0勺

唐園++++++++++277石3斗7升2合0勺


矢宅++++++++++666石5斗7升2合0勺


神宅神宮寺++++233石0斗1升6合0勺


宮河内+++++++++83石3斗2升9合0勺



上記数値の合計

置塩領+++++++9907石3斗8升6合3勺



参考

續群書類従卷第七百八に収録されている「慶長三年大名帳」をご紹介申し上げる。  
五葉目の画像の下段左に、赤松上総の名が見える。
合掌。







2015年1月5日月曜日

帽振れ 海上自衛隊練習艦隊  



眼前を行く艦影に接し、「大好き、せとゆき」って話している家人の声が弾んでいます。
合掌。


参考

帽振れ 海上自衛隊練習艦隊 2014 Video 01 TV-3508 かしま
http://www.youtube.com/watch?v=OpjHG3BLUJs

帽振れ 海上自衛隊練習艦隊 2014 Video 02 TV-3518 せとゆき
https://www.youtube.com/watch?v=WJ98dcI0bpw

帽振れ 海上自衛隊練習艦隊 2014 Video 03 TV-3518 せとゆき

https://www.youtube.com/watch?v=Q3fqr_kgmiE

帽振れ 海上自衛隊練習艦隊 2014 Video 04 DD-151 あさぎり
http://www.youtube.com/watch?v=3HTZE75_WJM

帽振れ 海上自衛隊練習艦隊 2014 Video 05 DD-151 あさぎり
http://www.youtube.com/watch?v=mxa4pKJ6z8U

帽振れ 海上自衛隊練習艦隊 2014 Video 06 TV-3517 しらゆき
http://www.youtube.com/watch?v=32NSdEeogo4

帽振れ 海上自衛隊練習艦隊 2014 Video 07 単縦陣で進む練習艦隊https://www.youtube.com/watch?v=531auKo-d5g



二十一日の卒業式、参列を予定いたしていたのですが、私事に依り適いませんでした。為に、翌日、家人を伴い、お見送りをしたのでした。
これら七本のビデオには、眼前を行く艦影に接し高揚した私たちの声も入っています。
彼女の準備(お化粧)の関係で出発時間が遅れ、海岸寺辺りで、遥か彼方の水平線を単縦陣で進む練習艦隊の姿が見えたのです。それで、まず、浜辺に下り、二人で帽振れを致しました。慌てて車から飛び降りた私の背に上着を着せかけてくれた家人の優しさに感謝でした。そして、沙弥島のポイントでは間に合わないと判断した私たちは、坂出から王越へ抜ける海岸線の道で、再度、お見送りを致したのでした。良い時間でした。それから高松に行き、彼女へ、バレンタインのお返しも兼ね、三越で、ご褒美のバッグを購入いたしました。
来年も亦、家人と参りたく思います。
若き士官たちの前途に栄光あれ。若者たちの鹿島立ちを心から祝うものです。
合掌。

海上自衛隊練習艦隊2014 写真

江田島の幹部候補生学校を卒業した若者たちを乗せた海上自衛隊練習艦隊が、三月二十二日正午過ぎ、南備讃瀬戸航路を通過致しました。
艦隊は、TV3508かしま・TV3518せとゆき・DD151あさぎり・TV3517しらゆきの順に、単縦陣で進んで参りました。
同行した家人と共に、一生懸命、帽振れを行い、若者たちの鹿島立ちを祝福致しました。
合掌。